地域への貢献を目指す安心と信頼の法律事務所 西川総合法律事務所

2020年4月1日から,契約等に関する部分(債権法部分)が改正された改正民法が施行されます

2017年(平成29年)5月に成立した「民法の一部を改正する法律」が2020年4月1日から施行されます。

民法には契約等に関する最も基本的なルールが定められており,この部分は「債権法」などと呼ばれます。

この債権法については1896年(明治29年)に制定されてから約120年間にわたり実質的な見直しがほとんど行われていませんでした。

今回の改正では,①約120年間の社会経済の変化への対応を図るために実質的にルールを変更する改正と,②現在の裁判や取引の実務で通用している基本的なルールを法律の条文上も明確にし,読み取りやすくする改正が行われています。

改正内容としては,①保証人の保護に関する改正,②約款(定型約款)を用いた取引に関する改正,③法定利率に関する改正など,多岐にわたる改正がされています。

法務省から「『民法(債権法)改正』パンフレット」が配布されていますので,詳しくは添付のパンフレットもご覧ください。

【法務省】「民法(債権法)改正」パンフレット(結合版)
お知らせ一覧に戻る